トップページ > 岩手の四季を楽しむすまい

岩手の四季を楽しむすまい




2 居間より南を見る

岩手県内陸部の自然に恵まれた環境に建つこの住宅では、持続可能な暮らしを、大がかりな設備に頼ることなく、地域の特性を生かして実現することを目指した。
住宅は、切妻屋根の主屋とそれを取り囲む下屋で構成される。主屋の吹抜け南面の大きな窓から得られる日射は下屋の庇で制御され、吹抜けを利用した通風、換気とともに冬の暖かさ、夏の涼しさをもたらす。下屋は自然環境との接触面、緩衝帯も兼ねている。
森林資源に恵まれた岩手では、針葉樹、広葉樹ともに多彩な樹種が得られる。建築材として、これらを適材適所に使っただけでなく、暖房エネルギーとしても活用している。建物に十分な基本性能を確保したため、厳冬期(-15℃程度)も薪ストーブ1台で過ごしている。
冬は家の中心にある薪ストーブの炎を囲み、夏は下屋の半屋外空間から庭へ開いて、岩手のダイナミックな四季を無理なく楽しんでいる。 続きを読む

岩手県滝沢村 2006 木造二階建
施工:㈲杢創舎

事例集 <<   >> 詳細

岩手の四季を楽しむすまい

岩手の四季を楽しむすまい

2035-05-31



2 居間より南を見る

岩手県内陸部の自然に恵まれた環境に建つこの住宅では、持続可能な暮らしを、大がかりな設備に頼ることなく、地域の特性を生かして実現することを目指した。
住宅は、切妻屋根の主屋とそれを取り囲む下屋で構成される。主屋の吹抜け南面の大きな窓から得られる日射は下屋の庇で制御され、吹抜けを利用した通風、換気とともに冬の暖かさ、夏の涼しさをもたらす。下屋は自然環境との接触面、緩衝帯も兼ねている。
森林資源に恵まれた岩手では、針葉樹、広葉樹ともに多彩な樹種が得られる。建築材として、これらを適材適所に使っただけでなく、暖房エネルギーとしても活用している。建物に十分な基本性能を確保したため、厳冬期(-15℃程度)も薪ストーブ1台で過ごしている。
冬は家の中心にある薪ストーブの炎を囲み、夏は下屋の半屋外空間から庭へ開いて、岩手のダイナミックな四季を無理なく楽しんでいる。 続きを読む

岩手県滝沢村 2006 木造二階建
施工:㈲杢創舎

事例集 <<   >> 詳細