トップページ > 詳細・滝沢の家

外観

PX5S4227_1.jpg PX5S4236_1.jpg

アプローチには小さな石積みの植栽地を設けて、常緑樹を中心に配置した。また建物は軒を深くし、下屋を設けて 道路から少し引きをとった。小さな空間でも玄関に落ち着きが出る。 2階の南面は間口全体をバルコニーとし、物干スペースを充実させた。

内観

PX5S3637_1.jpg PX5S3699_1.jpg 
     ▲ 居間から畳部屋を見る                       ▲ 台所から食堂を見る
                      
家具や食器などインテリアを生かせるよう、シンプルにまとめた。そして地元の良質な木材をつかい、やさしい色の塗壁にして、飽きのこない、おだやかな空間を目指した。内部造作はスギ材、1階床には 地元のナラ ムク材を用いた。

PX5S3588_1.jpg PX5S3575_1.jpg 
   ▲ 畳部屋窓下と、居間窓横の温水パネル暖房           ▲ 台所から食堂を見る

暖房はヒートポンプ熱源の温水パネル暖房。見た目にもすっきりしており、おだやかな暖かさを感じられる暖房方式である。建物が十分な断熱性能を確保しているので、光熱費も低く抑えられる。

PX5S4158_1.jpg 写真4 IMGP3725 PX5S4119_1.jpg
 ▲ 玄関天窓           玄関 カウンター                ▲ 玄関収納

写真左上 玄関が暗くならないよう、天窓を設けた。上がり框は地元のクリ ムク材。水に強い材である。

写真中上
 カウンターには岩手のアカマツ集成材を使った。アカマツは 少し黄色味のある上品な材。当初は白っぽいが、時を経るとアメ色の艶が出てくる美しい樹種である。集成材を使うと、ムク材のような木の自然な味わいより、ややすっきりした仕上がりになる。

写真右上 玄関カウンター脇には、天地丈の物入を設け、収納量を確保した。


PX5S3951_1.jpg PX5S3457_1.jpg PX5S4122_1.jpg
  2階 主寝室                  ▲ 洗面所と脱衣室     玄関脇の土間納戸

写真左上 2階の床板は地元のカラマツムク材。カラマツは 節の色が濃く、施工当初はややばたついた印象があるが、傷が目立ちにくい。主寝室の天井はスギ、ムク材。天井を板張りにすると部屋がやや暗く、落ち着いた雰囲気になる。

写真中上 来客に洗面所を使ってもらいやすいよう、脱衣室と洗面所を別の部屋にした。一番奥の浴室の手前が脱衣室、その手前が洗面所。脱衣室の洗濯機の横には洗濯流しを設けて、衣類などを手洗いできるようにした。

写真右上 趣味の自転車を室内に保管するため、玄関脇には土足で入れる2.5帖の土間納戸を設けた。この納戸は機械室も兼ねている。設備機器の作動音が居室に漏れにくく、メンテナンス、更新しやすい。雪かき道具や長靴、ベビーカー、スキーやスノーボードなど、土間納戸に置きたいものは意外に多い。


この住宅については、こちらにも掲載されています。
いわて木のいえナビ


事例集 <<   >> 他の事例

詳細・滝沢の家

2035-05-15
外観

PX5S4227_1.jpg PX5S4236_1.jpg

アプローチには小さな石積みの植栽地を設けて、常緑樹を中心に配置した。また建物は軒を深くし、下屋を設けて 道路から少し引きをとった。小さな空間でも玄関に落ち着きが出る。 2階の南面は間口全体をバルコニーとし、物干スペースを充実させた。

内観

PX5S3637_1.jpg PX5S3699_1.jpg 
     ▲ 居間から畳部屋を見る                       ▲ 台所から食堂を見る
                      
家具や食器などインテリアを生かせるよう、シンプルにまとめた。そして地元の良質な木材をつかい、やさしい色の塗壁にして、飽きのこない、おだやかな空間を目指した。内部造作はスギ材、1階床には 地元のナラ ムク材を用いた。

PX5S3588_1.jpg PX5S3575_1.jpg 
   ▲ 畳部屋窓下と、居間窓横の温水パネル暖房           ▲ 台所から食堂を見る

暖房はヒートポンプ熱源の温水パネル暖房。見た目にもすっきりしており、おだやかな暖かさを感じられる暖房方式である。建物が十分な断熱性能を確保しているので、光熱費も低く抑えられる。

PX5S4158_1.jpg 写真4 IMGP3725 PX5S4119_1.jpg
 ▲ 玄関天窓           玄関 カウンター                ▲ 玄関収納

写真左上 玄関が暗くならないよう、天窓を設けた。上がり框は地元のクリ ムク材。水に強い材である。

写真中上
 カウンターには岩手のアカマツ集成材を使った。アカマツは 少し黄色味のある上品な材。当初は白っぽいが、時を経るとアメ色の艶が出てくる美しい樹種である。集成材を使うと、ムク材のような木の自然な味わいより、ややすっきりした仕上がりになる。

写真右上 玄関カウンター脇には、天地丈の物入を設け、収納量を確保した。


PX5S3951_1.jpg PX5S3457_1.jpg PX5S4122_1.jpg
  2階 主寝室                  ▲ 洗面所と脱衣室     玄関脇の土間納戸

写真左上 2階の床板は地元のカラマツムク材。カラマツは 節の色が濃く、施工当初はややばたついた印象があるが、傷が目立ちにくい。主寝室の天井はスギ、ムク材。天井を板張りにすると部屋がやや暗く、落ち着いた雰囲気になる。

写真中上 来客に洗面所を使ってもらいやすいよう、脱衣室と洗面所を別の部屋にした。一番奥の浴室の手前が脱衣室、その手前が洗面所。脱衣室の洗濯機の横には洗濯流しを設けて、衣類などを手洗いできるようにした。

写真右上 趣味の自転車を室内に保管するため、玄関脇には土足で入れる2.5帖の土間納戸を設けた。この納戸は機械室も兼ねている。設備機器の作動音が居室に漏れにくく、メンテナンス、更新しやすい。雪かき道具や長靴、ベビーカー、スキーやスノーボードなど、土間納戸に置きたいものは意外に多い。


この住宅については、こちらにも掲載されています。
いわて木のいえナビ


事例集 <<   >> 他の事例