トップページ > 日記 > 低燃費で快適、もちろん安全な住まいづくり

低燃費で快適、もちろん安全な住まいづくり

8月31日に行われた構造見学会では、
構造や断熱、換気などに関する色々なご質問をいただきました。

  構造見学会

工事中の現場には家づくりのヒントがたくさんあります。
ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。

さて、工事はどんどん進んでいます。

  構造材

  ▲ 構造材 
     室内壁では、主に筋交い(すじかい)を金物でしっかり取り付けています。
     外壁では、主にパーチクルボードなどの面材を釘で固定しています。
     地震の時に建物の構造安全性を確保する「耐力壁」です。

  断熱材

  ▲ 断熱材
     グラスウールを壁の中に入れ、外側からも張っています。
     開口部から熱を逃がさないよう、性能のよいサッシを用いています。

  室内

  ▲ 換気部材
     天井裏には、換気のダクト配管が施工されています。
     室内の熱が逃げるのを極力抑える換気システムを採用しています。

低燃費で快適、もちろん安全な住まいづくり。
現場の大工さん達は、頑張って工事を進めてくれています。


続いて、テレビ放映のお知らせです。
当事務所も会員の 新住協 (新木造住宅技術研究協議会)の住まいづくり を紹介する番組です。

番組名は、「低燃費で冬を快適に暮らす家づくり」
放映時間は、9月7日(日) 午後4時55分~(テレビ岩手) です。
詳しくはこちら

夏涼しく、冬暖かく、光熱費を抑えるノウハウに興味のある方、是非ご覧下さい。
住まいづくりのヒントが、いっぱい詰まっていると思います。


2014-09-05