トップページ > 日記 > 「なぜ、いま木の建築なのか」

「なぜ、いま木の建築なのか」

昨日は、東京大学名誉教授の有馬孝禮先生のセミナーを受講しました。
建築に木を用い続けることの意義、歴史的な背景やCLTの最新情報など多岐にわたり、
3時間、とても聞きごたえのある講演でした。

  150225講演

会場には、定員を上まる大勢が集まり、改めて木造、木材利用への関心の高まりを感じました。
2015-02-26